新着コラム「企業型確定拠出年金と退職金の違いは?どちらを導入すべきかを解説」をアップしました

新着コラム「企業型確定拠出年金と退職金の違いは?どちらを導入すべきかを解説」をアップしました

新しいコラムを公開しました。
今回のテーマは「企業型確定拠出年金と退職金の違いは?どちらを導入すべきかを解説」です。2つの制度の違い、メリット・デメリットをわかりやすく解説しています。

企業型確定拠出年金は、会社を退職・転職してもそのまま移換できる利点があります。さらに、企業が倒産しても資産に影響がない安心感が魅力です。しかし、従業員自身で資産運用を行う必要があり、運用成績によって受け取れる額が変動するリスクもあります。

一方、退職金制度では会社が資産運用してくれるため、従業員の負担がないのがポイントです。しかし、会社の倒産リスクや退職条件による金額の変動が課題となります。

近年では企業型確定拠出年金を採用する企業が増えており、費用負担なく福利厚生を用意できる「選択制DC」という選択肢も登場しています。

企業型DCと退職金、どちらがお得なのか
受け取り方は一時金・年金どちらが良いのか
そして税金の計算方法など、、、よくある質問も解説しています。

このコラムを読めば、企業型確定拠出年金と退職金についての基本的な知識が身につきます。
ぜひ一読して、理解を深めてみてください!

この記事を書いた人

アバター画像

株式会社 マウンティン

関連記事

お電話でのお問い合わせ

03-3911-4649

受付時間 9:00~17:00

電話で相談
メールで相談